メニュー
Amazon Route 53
開発者ガイド (API Version 2013-04-01)

Amazon Route 53 がパブリックホストゾーンに作成する NS リソースレコードセットと SOA リソースレコードセット

パブリックホストゾーンを作成するごとに、Amazon Route 53 によって自動的にネームサーバー (NS) リソースレコードセットと Start of Authority (SOA) リソースレコードセットが作成されます。これらのレコードを変更しないでください。

ネームサーバー (NS) リソースレコードセット

Amazon Route 53 によって、ホストゾーンと同じ名前のネームサーバー (NS) リソースレコードセットが作成されます。これには、ホストゾーンの 4 つの正式なネームサーバーがリストされます。このリソースレコードセットに対して、ネームサーバーを追加、変更、または削除しないでください。

次の例は、Route 53 ネームサーバーの名前の形式を示してます (これらはサンプルとして提供されています。これらをレジストラのネームサーバーレコードを更新するときに使用しないでください)。

  • ns-2048.awsdns-64.com

  • ns-2049.awsdns-65.net

  • ns-2050.awsdns-66.org

  • ns-2051.awsdns-67.co.uk

ホストゾーンのネームサーバーのリストを取得するには:

  1. AWS マネジメントコンソール にサインインし、https://console.aws.amazon.com/route53/ にある Route 53 コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Hosted Zones] をクリックします。

  3. [Hosted Zones] ページで、ホストゾーンのラジオボタン (名前ではない) を選択します。

  4. 右ペインの [Name Servers] に表示されている 4 つのサーバーをメモします。

他の DNS サービスプロバイダから Route 53 への DNS サービスの移行の詳細については、「既存ドメインの DNS サービスを Amazon Route 53 に移行する」を参照してください。

Start of Authority (SOA) リソースレコードセット

Start of Authority (SOA) リソースレコードセットは、次のようなドメインについての DNS 情報ベースを特定します。

ns-2048.awsdns-64.net. hostmaster.example.com. 1 7200 900 1209600 86400

SOA レコードには次のような要素が含まれます。

  • SOA レコードを作成したホスト (例: ns-2048.awsdns-64.net)。

  • @ 記号をピリオドに置き換えた形式の、管理者の E メールアドレス (例: hostmaster.example.com)。デフォルト値は、監視されない amazon.com E メールアドレスです。

  • ゾーンファイルを変更し、変更をセカンダリ DNS サーバーに配信する際のリビジョン番号 (例: 1)。

  • 変更を確認するためにプライマリ DNS サーバーの SOA レコードを問い合わせるまでに、セカンダリ DNS サーバーが待機するリフレッシュ時間 (秒数) (例: 7200)。

  • 失敗したゾーン転送を再試行するまでに、セカンダリサーバーが待機する再試行間隔 (秒数) (例: 900 (15 分))。通常は、再試行時間はリフレッシュ時間より短くなります。

  • セカンダリサーバーがゾーン転送の完了を試みる期限が切れる時間 (秒数) (例: 1209600 (2 週間) )。ゾーン転送が完了する前に期限切れになると、セカンダリサーバーはそのゾーンファイルを期限切れとします。これは、データが古すぎて信頼できないと見なされた結果、クエリへの応答が停止されることを意味します。

  • 最小有効期限 (TTL)。この値を利用して、ドメインが存在しないことを示す NXDOMAIN 結果を DNS リゾルバがキャッシュする時間を定義できます。このような負の結果をキャッシュすることは、ネガティブキャッシングと呼ばれます。ネガティブキャッシングの期間は、SOA レコードの TTL よりも短いか、最小 TTL フィールドの値に等しくなります。Amazon Route 53 SOA レコードのデフォルト最小 TTL は、900 秒です。SOA リソースレコードセットを含むリソースレコードセットの TTL を変更するには、Route 53 コンソールを使用できます。詳細については、「リソースレコードセットの編集」を参照してください。また、ChangeResourceRecordSets API も使用できます。詳細については、『Amazon Route 53 API Reference』の「ChangeResourceRecordSets」を参照してください。