required-tags - AWS Config

required-tags

指定したタグがリソースにあるかどうかを確認します。例えば、Amazon EC2 インスタンスに CostCenter タグがあるかどうかを確認するとともに、すべての RDS インスタンスに 1 セットの Keys タグがあるかどうかを確認できます。複数の値はカンマで区切ります。一度に確認できるタグは 6 つまでです。

AWS- 管理の AWS Systems Manager 自動化ドキュメント AWS-SetRequiredTags は、このルールでは修復としては機能しません。修復のために、独自のカスタム Systems Manager オートメーションドキュメントを作成する必要があります。

コンテキスト: AWS では、タグ形式で AWS のリソースにメタデータを割り当てることができます。各タグは、リソースまたはそのリソースに保持されているデータに関する情報を保存するためのキーとオプション値で構成されるラベルです。詳細については、「タグ付け戦略の構築」を参照してください。

このルールを使用して、どのリソースに、タグと、各タグの期待値を付けるかを指定することで、希望の設定で起動されなかったアカウント内のリソースを検索できます。修正アクションを実行してタグ付けミスを修正することもできます。ただし、このルールを使用しても、不適切なタグを使用してリソースを作成することを防ぐことはできません。

識別子: REQUIRED_TAGS

リソースタイプ: AWS::ACM::Certificate、AWS::AutoScaling::AutoScalingGroup、AWS::CloudFormation::Stack、AWS::CodeBuild::Project、AWS::DynamoDB::Table、AWS::EC2::CustomerGateway、AWS::EC2::Instance、AWS::EC2::InternetGateway、AWS::EC2::NetworkAcl、AWS::EC2::NetworkInterface、AWS::EC2::RouteTable、AWS::EC2::SecurityGroup、AWS::EC2::Subnet、AWS::EC2::Volume、AWS::EC2::VPC、AWS::EC2::VPNConnection、AWS::EC2::VPNGateway、AWS::ElasticLoadBalancing::LoadBalancer、AWS::ElasticLoadBalancingV2::LoadBalancer、AWS::RDS::DBInstance、AWS::RDS::DBSecurityGroup、AWS::RDS::DBSnapshot、AWS::RDS::DBSubnetGroup、AWS::RDS::EventSubscription、AWS::Redshift::Cluster、AWS::Redshift::ClusterParameterGroup、AWS::Redshift::ClusterSecurityGroup、AWS::Redshift::ClusterSnapshot、AWS::Redshift::ClusterSubnetGroup、AWS::S3::Bucket

トリガータイプ: 設定変更

AWS リージョン: サポートされているすべての AWS リージョン

パラメータ:

tag1Key
型: 文字列
デフォルト: CostCenter

必須タグのキー。

tag1Value (オプション)
タイプ: CSV

必須タグのオプションの値。複数の値はカンマで区切ります。

tag2Key (オプション)
型: 文字列

2 番目に必須のタグのキー。

tag2Value (オプション)
タイプ: CSV

2 番目に必須のタグのオプションの値。複数の値はカンマで区切ります。

tag3Key (オプション)
型: 文字列

3 番目に必須のタグのキー。

tag3Value (オプション)
タイプ: CSV

3 番目に必須のタグのオプションの値。複数の値はカンマで区切ります。

tag4Key (オプション)
型: 文字列

4 番目に必須のタグのキー。

tag4Value (オプション)
タイプ: CSV

4 番目に必須のタグのオプションの値。複数の値はカンマで区切ります。

tag5Key (オプション)
型: 文字列

5 番目に必須のタグのキー。

tag5Value (オプション)
タイプ: CSV

5 番目に必須のタグのオプションの値。複数の値はカンマで区切ります。

tag6Key (オプション)
型: 文字列

6 番目に必須のタグのキー。

tag6Value (オプション)
タイプ: CSV

6 番目に必須のタグのオプションの値。複数の値はカンマで区切ります。

AWS CloudFormation テンプレート

AWS Config テンプレートを使用して AWS CloudFormation マネージドルールを作成するには、「AWS CloudFormation テンプレートを使用した AWS Config マネージドルールの作成」を参照してください。