DB クラスターを作成して Aurora MySQL DB クラスターのデータベースに接続する - Amazon Aurora

DB クラスターを作成して Aurora MySQL DB クラスターのデータベースに接続する

最も簡単に Aurora MySQL DB クラスターを作成するには、AWS Management Console を使用します。DB クラスターを作成したら、MySQL の標準ユーティリティ (MySQL Workbench など) を使用して DB クラスターのデータベースに接続できます。

重要

DB クラスターを作成したり、DB クラスターに接続したりする前に、Amazon Aurora の環境をセットアップする のタスクを完了する必要があります。

AWS アカウントを作成するための料金はかかりません。ただし、このチュートリアルを完了すると、使用する AWS リソースのコストが発生する可能性があります。これらのリソースが不要になった場合は、チュートリアルの完了後に削除できます。

Aurora MySQL DB クラスターの作成

DB クラスターを作成する前に、まず Amazon VPC サービスと Amazon RDS DB サブネットグループに基づいた Virtual Private Cloud (VPC) が必要です。VPC には、少なくとも 2 つのアベイラビリティーゾーンのそれぞれに最低 1 つのサブネットが必要です。AWS アカウント用のデフォルト VPC を使用するか、独自の VPC を作成できます。Amazon RDS コンソールでは、Amazon Aurora で使用する独自の VPC の作成や、Aurora DB クラスターでの既存の VPC の使用を簡単に実行できます。

場合によっては、Aurora DB クラスターで使用する VPC と DB サブネットグループを、Amazon RDS で作成するのではなく、自分で作成する必要があります。その場合は、チュートリアル: DB クラスターで使用する VPC を作成する (IPv4 専用) の手順に従います。それ以外の場合は、このトピックの指示に従って DB クラスターを作成し、Amazon RDS に VPC および DB サブネットグループを作成させます。

[Easy create (簡易作成)] を使用して、RDS コンソールで Aurora MySQL 互換エディション DB クラスターを作成できます。[Easy create (簡易作成)] を使用して、DB エンジンタイプ、サイズ、DB クラスター識別子のみを指定します。[Easy create (簡易作成)] では、他の設定オプションのデフォルト設定を使用します。[Easy create (簡易作成)] の代わりに [Standard create (標準作成)] を使用する場合は、データベースの作成時に、可用性、セキュリティ、バックアップ、メンテナンスなどを含む設定オプションを追加指定します。

このチュートリアルでは、[Easy create (簡易作成)] を使用して、Aurora MySQL 互換エディション DB クラスターを作成します。

注記

[Standard create (標準作成)] で DB クラスターを作成する方法については、Amazon Aurora DB クラスターの作成 を参照してください。

簡易作成を有効にして Aurora MySQL DB クラスターを作成するには

  1. AWS Management Console にサインインし、Amazon RDS コンソール (https://console.aws.amazon.com/rds/) を開きます。

  2. Amazon RDS コンソールの右上で、DB クラスターを作成する AWS リージョンを選択します。

    Aurora は、一部の AWS リージョンでは使用できません。Aurora を使用できる AWS リージョンのリストについては、「利用可能なリージョン」を参照してください。

  3. ナビゲーションペインで、[データベース] を選択します。

  4. [Create database (データベースの作成)] を選択し、[Easy create (簡易作成)] が選択されていることを確認します。

    
							Easy create オプション
  5. [エンジンのタイプ] で [ Amazon Aurora] を選択します。

  6. [Edition (エディション)] で、[Amazon Aurora with MySQL compatibility (MySQL 対応 Amazon Aurora)] を選択します。

  7. [DB インスタンスサイズ] で、[Dev/Test] を選択します。

  8. [DB クラスター識別子] に、DB クラスターの名前を入力するか、デフォルト名のままにします。

    [データベースの作成] ページは、次のイメージのようになります。

    
							データベースの作成ページ
  9. [マスターユーザー名] に、マスターユーザーの名前を入力するか、デフォルト名 (admin) のままにします。このユーザー名とそのパスワードにより、Aurora MySQL DB クラスターを制御できます。

    DB クラスター用に自動生成されたパスワードを使用するには、[Auto generate a password (パスワードの自動生成)] が選択されていることを確認します。

    自分のパスワードを選択するには、[パスワードの自動生成] チェックボックスをオフにして、[マスターパスワード][パスワードの確認] に同じパスワードを入力します。

  10. (オプション) [View default settings for Easy create (簡易作成のデフォルト設定を表示)] を開きます。

    
							簡易作成のデフォルト設定。

    [Easy Create (簡易作成)] で使用されるデフォルト設定を調べることができます。[Editable after database is created (データベース作成後に編集可能)] 列には、データベース作成後に変更できるオプションが表示されます。

    • その列で [No (いいえ)] の設定を変更する場合は、[Standard create (標準作成)] を使用します。

    • その列の [Yes (はい)] の設定を変更する場合は、[Standard Create (標準作成)] を使用するか、作成後に DB インスタンスを変更して設定を変更できます。

    デフォルト設定を変更する際の重要な考慮事項は次のとおりです。

    • DB クラスターで特定の VPC、サブネットグループ、セキュリティグループを使用する場合は、[Standard Create (標準作成)]を使用して、これらのリソースを指定します。Amazon RDS の設定時に、これらのリソースを作成した可能性があります。詳細については、「Amazon Aurora の環境をセットアップする」を参照してください。

    • VPC 外のクライアントから DB クラスターにアクセスする場合は、[Standard Create (標準作成)] を使用して、[Public access (公開アクセス)] を [Yes (はい)] に設定します。

      DB クラスターをプライベートにする必要がある場合は、[Public access (公開アクセス)] を [No (いいえ)] のままにします。

  11. [データベースの作成] を選択します。

    自動生成されたパスワードを使用することを選択した場合は、[データベース] ページに [認証情報の詳細の表示] ボタンが表示されます。

    DB クラスターのユーザー名およびパスワードを表示するには、[View credential details (認証情報の詳細の表示)] を選択します。

    マスターユーザーとして DB クラスターに接続するには、表示されているユーザー名およびパスワードを使用します。

    重要

    マスターユーザーのパスワードを再度表示することはできません。記録していない場合は、変更する必要がある場合があります。

    DB クラスターが有効になった後にマスターユーザーのパスワードを変更する必要がある場合は、DB クラスターを変更することができます。DB クラスターの変更の詳細については、「Amazon Aurora DB クラスターの変更」を参照してください。

  12. [データベース] で、新しい Aurora MySQL DB クラスターの名前を選択します。

    RDS コンソールに、新しい DB クラスターの詳細が表示されます。DB クラスターが使用できるようになるまで、DB クラスターおよび DB インスタンスのステータスは [Creating (作成中)] になります。両方のステータスが [Available] (使用可能) に変わると、DB クラスターに接続できます。DB インスタンスクラスとストレージの合計によっては、新しい DB クラスターを使用できるようになるまで最長 20 分かかることがあります。

    
							DB クラスター作成時の概要

DB クラスターのインスタンスに接続する

Amazon RDS で DB クラスターがプロビジョニングされ、プライマリインスタンスが作成された後、スタンダードな SQL クライアントアプリケーションを使用して、DB クラスターのデータベースに接続できます。以下の手順では、MySQL モニタリングコマンドを使用して、Aurora MySQL DB クラスターのデータベースに接続します。

MySQL モニタを使用して Aurora MySQL DB クラスターのデータベースに接続するには

  1. DB クラスターへの接続に使用できる SQL クライアントをインストールします。

    MySQL コマンドラインユーティリティなどのツールを使用して、Aurora MySQL DB クラスターに接続できます。MySQL クライアントを使用する方法については、MySQL ドキュメントの「mysql - MySQL コマンドラインクライアント」を参照してください。接続に使用できる GUI ベースのアプリケーションは、MySQL Workbench です。詳細については、「MySQL Workbench のダウンロード」ページを参照してください。

    MySQL の使用方法の詳細については、MySQL ドキュメントを参照してください。MySQL のインストール (MySQL クライアントも含む) については、「MySQL のインストールと更新」を参照してください。

    DB クラスターがパブリックにアクセスできる場合は、VPC の外部に SQL クライアントをインストールできます。DB クラスターがプライベートである場合は、通常、Amazon EC2 インスタンスなどの VPC 内のリソースに SQL クライアントをインストールします。

  2. DB クラスターが、クラスターにアクセスを提供するセキュリティグループに関連付けられていることを確認します。詳細については、「Amazon Aurora の環境をセットアップする」を参照してください。

    DB クラスター作成時に適切なセキュリティグループを指定しなかった場合は、DB クラスターを変更して、そのセキュリティグループを変更できます。詳細については、「Amazon Aurora DB クラスターの変更」を参照してください。

    DB クラスターがパブリックにアクセス可能な場合は、関連付けられているセキュリティグループに、アクセスする IP アドレスのインバウンドルールがあることを確認します。DB クラスターがプライベートの場合は、関連するセキュリティグループに、アクセスする各リソースのセキュリティグループ (Amazon EC2 インスタンスのセキュリティグループなど) に対するインバウンドルールがあることを確認します。

  3. AWS Management Console にサインインし、Amazon RDS コンソール (https://console.aws.amazon.com/rds/) を開きます。

  4. [データベース] を選択後、DB クラスター名を選択すると、DB クラスターの詳細が表示されます。[Connectivity & security (接続とセキュリティ)] タブで、[Writer instance (ライターインスタンス)] エンドポイントの [Endpoint name (エンドポイント名)] の値をコピーします。また、エンドポイントのポート番号を書き留めます。

    
							DB クラスターの詳細
  5. MySQL モニタリングを使用して Aurora MySQL DB クラスターのデータベースに接続するには、クライアントコンピュータのコマンドプロンプトで次のコマンドを入力します。プライマリインスタンスに接続するクラスターエンドポイントと、先に作成したマスターユーザー名を使用します。(パスワードの入力が求められます)。3306 以外のポート値を指定した場合は、その値を -P パラメータで代わりに使用します。

    PROMPT> mysql -h <cluster endpoint> -P 3306 -u <myusername> -p

    次のような出力が表示されます。

    Welcome to the MySQL monitor. Commands end with ; or \g. Your MySQL connection id is 350 Server version: 5.6.10-log MySQL Community Server (GPL) Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the buffer. mysql>

DB クラスターへの接続の詳細については、「Amazon Aurora MySQL DB クラスターへの接続」を参照してください。DB クラスターに接続できない場合は、Amazon RDS DB インスタンスに接続できない を参照してください。

サンプル DB クラスター、DB サブネットグループ、VPC を削除する

作成したサンプル DB クラスターに接続した後、DB クラスター、DB サブネットグループ、VPC (VPC を作成した場合) を削除できます。

DB クラスターを削除するには

  1. AWS Management Console にサインインし、Amazon RDS コンソール (https://console.aws.amazon.com/rds/) を開きます。

  2. [データベース] を選択後、DB クラスターに関連付けられた DB インスタンスを選択します。

  3. [アクション] について [削除] を選択します。

  4. [削除] を選択します。

    DB クラスターに関連付けられている DB インスタンスがすべて削除されると、DB クラスターは自動的に削除されます。

DB サブネットグループを削除するには

  1. AWS Management Console にサインインし、Amazon RDS コンソール (https://console.aws.amazon.com/rds/) を開きます。

  2. [サブネットグループ] を選択してから、DB サブネットグループを選択します。

  3. [削除] を選択します。

  4. [削除] を選択します。

VPC を削除するには

  1. AWS Management Console にサインインして、Amazon VPC コンソール (https://console.aws.amazon.com/vpc/) を開きます。

  2. [Your VPCs] を選択し、この手順のために作成した VPC を選択します。

  3. [アクション] で、[VPC の削除] を選択します。

  4. [削除] を選択します。