VARBYTE 演算子 - Amazon Redshift

VARBYTE 演算子

以下は VARBYTE 演算子の一覧です。この演算子は、VARBYTE データ型のバイナリ値に対し機能します。2 つの入力の内いずれかが null であると、結果は null になります。

サポートされている演算子

演算子 説明 戻り型
|| 連結 BOOLEAN
+ 連結 BOOLEAN
< 未満 BOOLEAN
<= 以下 BOOLEAN
= 等しい BOOLEAN
> BOOLEAN
>= 以上 BOOLEAN
!= または <> 等しくない BOOLEAN
~ ビット単位 NOT VARBYTE
& ビット単位 AND VARBYTE
| ビット単位 OR VARBYTE
# ビット単位 XOR VARBYTE

次の例では、'a'::varbyte の値は 61 であり 'b'::varbyte の値は 62 です。

次の例では、2 つのバイナリ値を連結します。

select 'a'::varbyte || 'b'::varbyte as concat; concat -------- 6162

次の例では、2 つのバイナリ値を連結します。

select 'a'::varbyte + 'b'::varbyte as concat; concat -------- 6162

次の例の比較では、'a''b' 未満であるかチェックします。

select 'a'::varbyte < 'b'::varbyte as less_than; less_than ----------- t

次の例の比較では、'a''b' と等しいかをチェックします。

select 'a'::varbyte = 'b'::varbyte as equal; equal ----------- f

次の例では、入力バイナリ値の各ビットをネゲートします。'a'01100001 として評価されます。

select from_varbyte(~'a'::varbyte, 'binary'); from_varbyte -------------- 10011110

次の例では、2 つの入力バイナリ値に対し bitwise and 演算子を適用しています。この際 'a'01100001 として評価され、'b'01100010 として評価されます。

select from_varbyte('a'::varbyte & 'b'::varbyte, 'binary'); from_varbyte -------------- 01100000