を使用した Amazon WorkMail Message Flow の例 AWS CLI - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

を使用した Amazon WorkMail Message Flow の例 AWS CLI

次のコード例は、Amazon WorkMail Message Flow AWS Command Line Interface で を使用してアクションを実行し、一般的なシナリオを実装する方法を示しています。

アクションはより大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。アクションは個々のサービス機能を呼び出す方法を示していますが、関連するシナリオやサービス間の例ではアクションのコンテキストが確認できます。

「シナリオ」は、同じサービス内で複数の関数を呼び出して、特定のタスクを実行する方法を示すコード例です。

各例には、 へのリンクが含まれています。このリンクには GitHub、コンテキスト内でコードをセットアップして実行する方法の手順が記載されています。

トピック

アクション

次の例は、get-raw-message-content を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

E メールメッセージの raw コンテンツを取得するには

次のget-raw-message-content例では、送信中の E メールメッセージの raw コンテンツを取得し、 という名前のテキストファイルに送信しますtest

aws workmailmessageflow get-raw-message-content \ --message-id a1b2cd34-ef5g-6h7j-kl8m-npq9012345rs \ test

コマンド実行test後の ファイルの内容:

Subject: Hello World From: =?UTF-8?Q?marymajor_marymajor?= <marymajor@example.com> To: =?UTF-8?Q?mateojackson=40example=2Enet?= <mateojackson@example.net> Date: Thu, 7 Nov 2019 19:22:46 +0000 Mime-Version: 1.0 Content-Type: multipart/alternative; boundary="=_EXAMPLE+" References: <mail.1ab23c45.5de6.7f890g123hj45678@storage.wm.amazon.com> X-Priority: 3 (Normal) X-Mailer: Amazon WorkMail Thread-Index: EXAMPLE Thread-Topic: Hello World Message-Id: <mail.1ab23c45.5de6.7f890g123hj45678@storage.wm.amazon.com> This is a multi-part message in MIME format. Your mail reader does not understand MIME message format. --=_EXAMPLE+ Content-Type: text/plain; charset=UTF-8 Content-Transfer-Encoding: 7bit hello world --=_EXAMPLE+ Content-Type: text/html; charset=utf-8 Content-Transfer-Encoding: quoted-printable <!DOCTYPE HTML><html> <head> <meta name=3D"Generator" content=3D"Amazon WorkMail v3.0-4510"> <meta http-equiv=3D"Content-Type" content=3D"text/html; charset=3Dutf-8">= <title>testing</title> </head> <body> <p style=3D"margin: 0px; font-family: Arial, Tahoma, Helvetica, sans-seri= f; font-size: small;">hello world</p> </body> </html> --=_EXAMPLE+--

詳細については、「Amazon 管理者ガイド」の AWS 「Lambda を使用したメッセージコンテンツの取得」を参照してください。 WorkMail

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetRawMessageContent」の「」を参照してください。 AWS CLI