AWS SDK またはコマンドラインツールCreateInvalidationで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールCreateInvalidationで を使用する

以下のコード例は、CreateInvalidation の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

CloudFront ディストリビューションの無効化を作成するには

次のcreate-invalidation例では、指定された CloudFront ディストリビューション内の指定されたファイルの無効化を作成します。

aws cloudfront create-invalidation \ --distribution-id EDFDVBD6EXAMPLE \ --paths "/example-path/example-file.jpg" "/example-path/example-file2.png"

出力:

{ "Location": "https://cloudfront.amazonaws.com/2019-03-26/distribution/EDFDVBD6EXAMPLE/invalidation/I1JLWSDAP8FU89", "Invalidation": { "Id": "I1JLWSDAP8FU89", "Status": "InProgress", "CreateTime": "2019-12-05T18:24:51.407Z", "InvalidationBatch": { "Paths": { "Quantity": 2, "Items": [ "/example-path/example-file2.png", "/example-path/example-file.jpg" ] }, "CallerReference": "cli-1575570291-670203" } } }

前の例では、 AWS CLI はランダムな を自動的に生成しましたCallerReference。独自の CallerReference を指定したり、キャッシュ削除パラメータをコマンドライン引数として渡さないようにしたりするには、JSON ファイルを使用できます。次の例では、inv-batch.json という名前の JSON ファイルでキャッシュ削除パラメータを指定して、2 つのファイルのキャッシュ削除を作成します。

aws cloudfront create-invalidation \ --distribution-id EDFDVBD6EXAMPLE \ --invalidation-batch file://inv-batch.json

inv-batch.json の内容:

{ "Paths": { "Quantity": 2, "Items": [ "/example-path/example-file.jpg", "/example-path/example-file2.png" ] }, "CallerReference": "cli-example" }

出力:

{ "Location": "https://cloudfront.amazonaws.com/2019-03-26/distribution/EDFDVBD6EXAMPLE/invalidation/I2J0I21PCUYOIK", "Invalidation": { "Id": "I2J0I21PCUYOIK", "Status": "InProgress", "CreateTime": "2019-12-05T18:40:49.413Z", "InvalidationBatch": { "Paths": { "Quantity": 2, "Items": [ "/example-path/example-file.jpg", "/example-path/example-file2.png" ] }, "CallerReference": "cli-example" } } }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスCreateInvalidation」の「」を参照してください。 AWS CLI

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: この例では、ID が EXAMPLENSTXAXE であるディストリビューションで、新しいキャッシュ削除を作成します。 CallerReference はユーザーが選択した一意の ID です。この場合は、2019 年 5 月 15 日午前 9 時を表すタイムスタンプが使用されます。$Paths 変数には、ユーザーがディストリビューションのキャッシュに含めたくない画像ファイルやメディアファイルへの 3 つのパスが格納されます。-Paths_Quantity パラメータ値は、-Paths_Item パラメータで指定したパスの総数です。

$Paths = "/images/*.gif", "/images/image1.jpg", "/videos/*.mp4" New-CFInvalidation -DistributionId "EXAMPLENSTXAXE" -InvalidationBatch_CallerReference 20190515090000 -Paths_Item $Paths -Paths_Quantity 3

出力:

Invalidation Location ------------ -------- Amazon.CloudFront.Model.Invalidation https://cloudfront.amazonaws.com/2018-11-05/distribution/EXAMPLENSTXAXE/invalidation/EXAMPLE8NOK9H
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスCreateInvalidation」の「」を参照してください。