AWS SDK またはコマンドラインツールListPolicyVersionsで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールListPolicyVersionsで を使用する

以下のコード例は、ListPolicyVersions の使用方法を示しています。

アクション例は、より大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。次のコード例で、このアクションのコンテキストを確認できます。

CLI
AWS CLI

指定された管理ポリシーのバージョンに関する情報を一覧表示するには

この例では、ARN が arn:aws:iam::123456789012:policy/MySamplePolicy であるポリシーの使用可能なバージョンのリストを返します。

aws iam list-policy-versions \ --policy-arn arn:aws:iam::123456789012:policy/MySamplePolicy

出力:

{ "IsTruncated": false, "Versions": [ { "VersionId": "v2", "IsDefaultVersion": true, "CreateDate": "2015-06-02T23:19:44Z" }, { "VersionId": "v1", "IsDefaultVersion": false, "CreateDate": "2015-06-02T22:30:47Z" } ] }

詳細については、「AWS IAM ユーザーガイド」の「IAM のポリシーとアクセス許可」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListPolicyVersions」の「」を参照してください。 AWS CLI

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: この例では、ARN が arn:aws:iam::123456789012:policy/MyManagedPolicy であるポリシーの使用可能なバージョンのリストを返します。特定のバージョンのポリシードキュメントを取得するには、Get-IAMPolicyVersion コマンドを使用して、必要なバージョンの VersionId を指定します。

Get-IAMPolicyVersionList -PolicyArn arn:aws:iam::123456789012:policy/MyManagedPolicy

出力:

CreateDate Document IsDefaultVersion VersionId ---------- -------- ---------------- --------- 2/12/2015 9:39:53 AM True v2 2/12/2015 9:39:09 AM False v1
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスListPolicyVersions」の「」を参照してください。