AWS STS を使用した の例 AWS CLI - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS STS を使用した の例 AWS CLI

次のコード例は、 AWS Command Line Interface で を使用してアクションを実行し、一般的なシナリオを実装する方法を示しています AWS STS。

アクションはより大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。アクションは個々のサービス機能を呼び出す方法を示していますが、関連するシナリオやサービス間の例ではアクションのコンテキストが確認できます。

「シナリオ」は、同じサービス内で複数の関数を呼び出して、特定のタスクを実行する方法を示すコード例です。

各例には、 へのリンクが含まれています。このリンクには GitHub、コンテキスト内でコードをセットアップして実行する方法の手順が記載されています。

トピック

アクション

次の例は、assume-role-with-saml を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

SAML で認証されたロールの短期認証情報を取得するには

次の assume-role-with-saml コマンドは、IAM ロール TestSaml のために短期間有効な認証情報のセットを取得します。この例のリクエストは、認証時に ID プロバイダーが提供する SAML アサーションを使用して認証されます。

aws sts assume-role-with-saml \ --role-arn arn:aws:iam::123456789012:role/TestSaml \ --principal-arn arn:aws:iam::123456789012:saml-provider/SAML-test \ --saml-assertion "VERYLONGENCODEDASSERTIONEXAMPLExzYW1sOkF1ZGllbmNlPmJsYW5rPC9zYW1sOkF1ZGllbmNlPjwvc2FtbDpBdWRpZW5jZVJlc3RyaWN0aW9uPjwvc2FtbDpDb25kaXRpb25zPjxzYW1sOlN1YmplY3Q+PHNhbWw6TmFtZUlEIEZvcm1hdD0idXJuOm9hc2lzOm5hbWVzOnRjOlNBTUw6Mi4wOm5hbWVpZC1mb3JtYXQ6dHJhbnNpZW50Ij5TYW1sRXhhbXBsZTwvc2FtbDpOYW1lSUQ+PHNhbWw6U3ViamVjdENvbmZpcm1hdGlvbiBNZXRob2Q9InVybjpvYXNpczpuYW1lczp0YzpTQU1MOjIuMDpjbTpiZWFyZXIiPjxzYW1sOlN1YmplY3RDb25maXJtYXRpb25EYXRhIE5vdE9uT3JBZnRlcj0iMjAxOS0xMS0wMVQyMDoyNTowNS4xNDVaIiBSZWNpcGllbnQ9Imh0dHBzOi8vc2lnbmluLmF3cy5hbWF6b24uY29tL3NhbWwiLz48L3NhbWw6U3ViamVjdENvbmZpcm1hdGlvbj48L3NhbWw6U3ViamVjdD48c2FtbDpBdXRoblN0YXRlbWVudCBBdXRoPD94bWwgdmpSZXNwb25zZT4="

出力:

{ "Issuer": "https://integ.example.com/idp/shibboleth</Issuer", "AssumedRoleUser": { "Arn": "arn:aws:sts::123456789012:assumed-role/TestSaml", "AssumedRoleId": "ARO456EXAMPLE789:TestSaml" }, "Credentials": { "AccessKeyId": "ASIAV3ZUEFP6EXAMPLE", "SecretAccessKey": "8P+SQvWIuLnKhh8d++jpw0nNmQRBZvNEXAMPLEKEY", "SessionToken": "IQoJb3JpZ2luX2VjEOz////////////////////wEXAMPLEtMSJHMEUCIDoKK3JH9uGQE1z0sINr5M4jk+Na8KHDcCYRVjJCZEvOAiEA3OvJGtw1EcViOleS2vhs8VdCKFJQWPQrmGdeehM4IC1NtBmUpp2wUE8phUZampKsburEDy0KPkyQDYwT7WZ0wq5VSXDvp75YU9HFvlRd8Tx6q6fE8YQcHNVXAkiY9q6d+xo0rKwT38xVqr7ZD0u0iPPkUL64lIZbqBAz+scqKmlzm8FDrypNC9Yjc8fPOLn9FX9KSYvKTr4rvx3iSIlTJabIQwj2ICCR/oLxBA==", "Expiration": "2019-11-01T20:26:47Z" }, "Audience": "https://signin.aws.amazon.com/saml", "SubjectType": "transient", "PackedPolicySize": "6", "NameQualifier": "SbdGOnUkh1i4+EXAMPLExL/jEvs=", "Subject": "SamlExample" }

詳細については、「AWS IAM ユーザーガイド」の「一時的なセキュリティ認証情報のリクエスト」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスAssumeRoleWithSaml」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、assume-role-with-web-identity を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ウェブ ID (OAuth 2."0) で認証されたロールの短期認証情報を取得するには

次の assume-role-with-web-identity コマンドは、IAM ロール app1 のために短期間有効な認証情報のセットを取得します。リクエストは、指定されたウェブ ID プロバイダーから提供されたウェブ ID トークンを使用して認証されます。ユーザーが実行できることをさらに制限するために、2 つの追加ポリシーがセッションに適用されます。返される認証情報は、生成されてから 1 時間後に失効します。

aws sts assume-role-with-web-identity \ --duration-seconds 3600 \ --role-session-name "app1" \ --provider-id "www.amazon.com" \ --policy-arns "arn:aws:iam::123456789012:policy/q=webidentitydemopolicy1","arn:aws:iam::123456789012:policy/webidentitydemopolicy2" \ --role-arn arn:aws:iam::123456789012:role/FederatedWebIdentityRole \ --web-identity-token "Atza%7CIQEBLjAsAhRFiXuWpUXuRvQ9PZL3GMFcYevydwIUFAHZwXZXXXXXXXXJnrulxKDHwy87oGKPznh0D6bEQZTSCzyoCtL_8S07pLpr0zMbn6w1lfVZKNTBdDansFBmtGnIsIapjI6xKR02Yc_2bQ8LZbUXSGm6Ry6_BG7PrtLZtj_dfCTj92xNGed-CrKqjG7nPBjNIL016GGvuS5gSvPRUxWES3VYfm1wl7WTI7jn-Pcb6M-buCgHhFOzTQxod27L9CqnOLio7N3gZAGpsp6n1-AJBOCJckcyXe2c6uD0srOJeZlKUm2eTDVMf8IehDVI0r1QOnTV6KzzAI3OY87Vd_cVMQ"

出力:

{ "SubjectFromWebIdentityToken": "amzn1.account.AF6RHO7KZU5XRVQJGXK6HB56KR2A" "Audience": "client.5498841531868486423.1548@apps.example.com", "AssumedRoleUser": { "Arn": "arn:aws:sts::123456789012:assumed-role/FederatedWebIdentityRole/app1", "AssumedRoleId": "AROACLKWSDQRAOEXAMPLE:app1" } "Credentials": { "AccessKeyId": "AKIAIOSFODNN7EXAMPLE", "SecretAccessKey": "wJalrXUtnFEMI/K7MDENG/bPxRfiCYzEXAMPLEKEY", "SessionToken": "AQoEXAMPLEH4aoAH0gNCAPyJxz4BlCFFxWNE1OPTgk5TthT+FvwqnKwRcOIfrRh3c/LTo6UDdyJwOOvEVPvLXCrrrUtdnniCEXAMPLE/IvU1dYUg2RVAJBanLiHb4IgRmpRV3zrkuWJOgQs8IZZaIv2BXIa2R4OlgkBN9bkUDNCJiBeb/AXlzBBko7b15fjrBs2+cTQtpZ3CYWFXG8C5zqx37wnOE49mRl/+OtkIKGO7fAE", "Expiration": "2020-05-19T18:06:10+00:00" }, "Provider": "www.amazon.com" }

詳細については、「AWS IAM ユーザーガイド」の「一時的なセキュリティ認証情報のリクエスト」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスAssumeRoleWithWebIdentity」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、assume-role を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ロールを引き受けるには

次の assume-role コマンドは、IAM ロール s3-access-example のために短期間有効な認証情報のセットを取得します。

aws sts assume-role \ --role-arn arn:aws:iam::123456789012:role/xaccounts3access \ --role-session-name s3-access-example

出力:

{ "AssumedRoleUser": { "AssumedRoleId": "AROA3XFRBF535PLBIFPI4:s3-access-example", "Arn": "arn:aws:sts::123456789012:assumed-role/xaccounts3access/s3-access-example" }, "Credentials": { "SecretAccessKey": "9drTJvcXLB89EXAMPLELB8923FB892xMFI", "SessionToken": "AQoXdzELDDY//////////wEaoAK1wvxJY12r2IrDFT2IvAzTCn3zHoZ7YNtpiQLF0MqZye/qwjzP2iEXAMPLEbw/m3hsj8VBTkPORGvr9jM5sgP+w9IZWZnU+LWhmg+a5fDi2oTGUYcdg9uexQ4mtCHIHfi4citgqZTgco40Yqr4lIlo4V2b2Dyauk0eYFNebHtYlFVgAUj+7Indz3LU0aTWk1WKIjHmmMCIoTkyYp/k7kUG7moeEYKSitwQIi6Gjn+nyzM+PtoA3685ixzv0R7i5rjQi0YE0lf1oeie3bDiNHncmzosRM6SFiPzSvp6h/32xQuZsjcypmwsPSDtTPYcs0+YN/8BRi2/IcrxSpnWEXAMPLEXSDFTAQAM6Dl9zR0tXoybnlrZIwMLlMi1Kcgo5OytwU=", "Expiration": "2016-03-15T00:05:07Z", "AccessKeyId": "ASIAJEXAMPLEXEG2JICEA" } }

コマンドの出力には、 AWSに対する認証に使用できるアクセスキー、シークレットキー、およびセッショントークンが含まれています。

AWS CLI を使用するには、ロールに関連付けられた名前付きプロファイルを設定できます。プロファイルを使用すると、 AWS CLI は assume-role を呼び出し、認証情報を管理します。詳細については、「 AWS CLI ユーザーガイド」の「 CLI で IAM ロールAWS を使用する」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスAssumeRole」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、decode-authorization-message を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

リクエストへの応答として返されるエンコードされた認証メッセージをデコードするには

次の decode-authorization-message の例では、Amazon Web Services リクエストへの応答として返されるエンコードされたメッセージから、リクエストの承認ステータスに関する追加情報をデコードします。

aws sts decode-authorization-message \ --encoded-message EXAMPLEWodyRNrtlQARDip-eTA6i6DrlUhHhPQrLWB_lAbl5pAKxl9mPDLexYcGBreyIKQC1BGBIpBKr3dFDkwqeO7e2NMk5j_hmzAiChJN-8oy3EwiCjkUW5fdRNjcRvscGlUo_MhqHqHpR-Ojau7BMjOTWwOtHPhV_Zaz87yENdipr745EjQwRd5LaoL3vN8_5ZfA9UiBMKDgVh1gjqZJFUiQoubv78V1RbHNYnK44ElGKmUWYa020I1y6TNS9LXoNmc62GzkfGvoPGhD13br5tXEOo1rAm3vsPewRDFNkYL-4_1MWWezhRNEpqvXBDXLI9xEux7YYkRtjd45NJLFzZynBUubV8NHOevVuighd1Mvz3OiA-1_oPSe4TBtjfN9s7kjU1z70WpVbUgrLVp1xXTK1rf9Ea7t8shPd-3VzKhjS5tLrweFxNOKwV2GtT76B_fRp8HTYz-pOu3FZjwYStfvTb3GHs3-6rLribGO9jZOktkfE6vqxlFzLyeDr4P2ihC1wty9tArCvvGzIAUNmARQJ2VVWPxioqgoqCzMaDMZEO7wkku7QeakEVZdf00qlNLMmcaVZb1UPNqD-JWP5pwe_mAyqh0NLw-r1S56YC_90onj9A80sNrHlI-tIiNd7tgNTYzDuPQYD2FMDBnp82V9eVmYGtPp5NIeSpuf3fOHanFuBZgENxZQZ2dlH3xJGMTtYayzZrRXjiq_SfX9zeBbpCvrD-0AJK477RM84vmtCrsUpJgx-FaoPIb8LmmKVBLpIB0iFhU9sEHPqKHVPi6jdxXqKaZaFGvYVmVOiuQdNQKuyk0p067POFrZECLjjOtNPBOZCcuEKEXAMPLE

出力:

{ "DecodedMessage": "{\"allowed\":false,\"explicitDeny\":true,\"matchedStatements\":{\"items\":[{\"statementId\":\"VisualEditor0\",\"effect\":\"DENY\",\"principals\":{\"items\":[{\"value\":\"AROA123456789EXAMPLE\"}]},\"principalGroups\":{\"items\":[]},\"actions\":{\"items\":[{\"value\":\"ec2:RunInstances\"}]},\"resources\":{\"items\":[{\"value\":\"*\"}]},\"conditions\":{\"items\":[]}}]},\"failures\":{\"items\":[]},\"context\":{\"principal\":{\"id\":\"AROA123456789EXAMPLE:Ana\",\"arn\":\"arn:aws:sts::111122223333:assumed-role/Developer/Ana\"},\"action\":\"RunInstances\",\"resource\":\"arn:aws:ec2:us-east-1:111122223333:instance/*\",\"conditions\":{\"items\":[{\"key\":\"ec2:MetadataHttpPutResponseHopLimit\",\"values\":{\"items\":[{\"value\":\"2\"}]}},{\"key\":\"ec2:InstanceMarketType\",\"values\":{\"items\":[{\"value\":\"on-demand\"}]}},{\"key\":\"aws:Resource\",\"values\":{\"items\":[{\"value\":\"instance/*\"}]}},{\"key\":\"aws:Account\",\"values\":{\"items\":[{\"value\":\"111122223333\"}]}},{\"key\":\"ec2:AvailabilityZone\",\"values\":{\"items\":[{\"value\":\"us-east-1f\"}]}},{\"key\":\"ec2:ebsOptimized\",\"values\":{\"items\":[{\"value\":\"false\"}]}},{\"key\":\"ec2:IsLaunchTemplateResource\",\"values\":{\"items\":[{\"value\":\"false\"}]}},{\"key\":\"ec2:InstanceType\",\"values\":{\"items\":[{\"value\":\"t2.micro\"}]}},{\"key\":\"ec2:RootDeviceType\",\"values\":{\"items\":[{\"value\":\"ebs\"}]}},{\"key\":\"aws:Region\",\"values\":{\"items\":[{\"value\":\"us-east-1\"}]}},{\"key\":\"ec2:MetadataHttpEndpoint\",\"values\":{\"items\":[{\"value\":\"enabled\"}]}},{\"key\":\"aws:Service\",\"values\":{\"items\":[{\"value\":\"ec2\"}]}},{\"key\":\"ec2:InstanceID\",\"values\":{\"items\":[{\"value\":\"*\"}]}},{\"key\":\"ec2:MetadataHttpTokens\",\"values\":{\"items\":[{\"value\":\"required\"}]}},{\"key\":\"aws:Type\",\"values\":{\"items\":[{\"value\":\"instance\"}]}},{\"key\":\"ec2:Tenancy\",\"values\":{\"items\":[{\"value\":\"default\"}]}},{\"key\":\"ec2:Region\",\"values\":{\"items\":[{\"value\":\"us-east-1\"}]}},{\"key\":\"aws:ARN\",\"values\":{\"items\":[{\"value\":\"arn:aws:ec2:us-east-1:111122223333:instance/*\"}]}}]}}}" }

詳細については、「AWS IAM ユーザーガイド」の「ポリシーの評価論理」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDecodeAuthorizationMessage」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-caller-identity を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

現在の IAM ID の詳細を取得するには

次のget-caller-identityコマンドは、リクエストの認証に使用される IAM ID に関する情報を表示します。発信者は IAM ユーザーです。

aws sts get-caller-identity

出力:

{ "UserId": "AIDASAMPLEUSERID", "Account": "123456789012", "Arn": "arn:aws:iam::123456789012:user/DevAdmin" }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetCallerIdentity」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-federation-token を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

IAM ユーザーアクセスキー認証情報を使用して一時的なセキュリティ認証情報一式を返すには

次の get-federation-token の例では、ユーザーの一時的なセキュリティ認証情報一式 (アクセスキー ID、シークレットアクセスキー、セキュリティトークンで構成) を返します。IAM ユーザーの長期的なセキュリティ認証情報を使用して、GetFederationToken オペレーションを呼び出す必要があります。

aws sts get-federation-token \ --name Bob \ --policy file://myfile.json \ --policy-arns arn=arn:aws:iam::aws:policy/AmazonS3ReadOnlyAccess \ --duration-seconds 900

myfile.json の内容:

{ "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Effect": "Allow", "Action": "ec2:Describe*", "Resource": "*" }, { "Effect": "Allow", "Action": "elasticloadbalancing:Describe*", "Resource": "*" }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "cloudwatch:ListMetrics", "cloudwatch:GetMetricStatistics", "cloudwatch:Describe*" ], "Resource": "*" }, { "Effect": "Allow", "Action": "autoscaling:Describe*", "Resource": "*" } ] }

出力:

{ "Credentials": { "AccessKeyId": "ASIAIOSFODNN7EXAMPLE", "SecretAccessKey": "wJalrXUtnFEMI/K7MDENG/bPxRfiCYEXAMPLEKEY", "SessionToken": "EXAMPLEpZ2luX2VjEGoaCXVzLXdlc3QtMiJIMEYCIQC/W9pL5ArQyDD5JwFL3/h5+WGopQ24GEXweNctwhi9sgIhAMkg+MZE35iWM8s4r5Lr25f9rSTVPFH98G42QQunWMTfKq0DCOP//////////wEQAxoMNDUyOTI1MTcwNTA3Igxuy3AOpuuoLsk3MJwqgQPg8QOd9HuoClUxq26wnc/nm+eZLjHDyGf2KUAHK2DuaS/nrGSEXAMPLE", "Expiration": "2023-12-20T02:06:07+00:00" }, "FederatedUser": { "FederatedUserId": "111122223333:Bob", "Arn": "arn:aws:sts::111122223333:federated-user/Bob" }, "PackedPolicySize": 36 }

詳細については、「AWS IAM ユーザーガイド」の「一時的なセキュリティ認証情報のリクエスト」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetFederationToken」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-session-token を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

IAM ID のために短期間有効な認証情報のセットを取得するには

次の get-session-token コマンドは、呼び出しを実行する IAM ID のために短期間有効な認証情報のセットを取得します。結果として得られる認証情報は、ポリシーによって多要素認証 (MFA) が必要とされるリクエストのために使用できます。認証情報は生成されてから 15 分後に失効します。

aws sts get-session-token \ --duration-seconds 900 \ --serial-number "YourMFADeviceSerialNumber" \ --token-code 123456

出力:

{ "Credentials": { "AccessKeyId": "ASIAIOSFODNN7EXAMPLE", "SecretAccessKey": "wJalrXUtnFEMI/K7MDENG/bPxRfiCYzEXAMPLEKEY", "SessionToken": "AQoEXAMPLEH4aoAH0gNCAPyJxz4BlCFFxWNE1OPTgk5TthT+FvwqnKwRcOIfrRh3c/LTo6UDdyJwOOvEVPvLXCrrrUtdnniCEXAMPLE/IvU1dYUg2RVAJBanLiHb4IgRmpRV3zrkuWJOgQs8IZZaIv2BXIa2R4OlgkBN9bkUDNCJiBeb/AXlzBBko7b15fjrBs2+cTQtpZ3CYWFXG8C5zqx37wnOE49mRl/+OtkIKGO7fAE", "Expiration": "2020-05-19T18:06:10+00:00" } }

詳細については、「AWS IAM ユーザーガイド」の「一時的なセキュリティ認証情報のリクエスト」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetSessionToken」の「」を参照してください。 AWS CLI