AWS SDK または CLI GetSpeechSynthesisTaskで を使用する - AWS SDK コードの例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK または CLI GetSpeechSynthesisTaskで を使用する

以下のコード例は、GetSpeechSynthesisTask の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

音声合成タスクに関する情報を取得するには

次の get-speech-synthesis-task の例は、指定された音声合成タスクに関する情報を取得します。

aws polly get-speech-synthesis-task \ --task-id 70b61c0f-57ce-4715-a247-cae8729dcce9

出力:

{ "SynthesisTask": { "TaskId": "70b61c0f-57ce-4715-a247-cae8729dcce9", "TaskStatus": "completed", "OutputUri": "https://s3.us-west-2.amazonaws.com/my-s3-bucket/70b61c0f-57ce-4715-a247-cae8729dcce9.mp3", "CreationTime": 1603911042.689, "RequestCharacters": 1311, "OutputFormat": "mp3", "TextType": "text", "VoiceId": "Joanna" } }

詳細については、「Amazon Polly ディベロッパーガイド」の「長いオーディオファイルの作成 (CLI)」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetSpeechSynthesisTask」の「」を参照してください。 AWS CLI

Python
SDK for Python (Boto3)
注記

については、「」を参照してください GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

class PollyWrapper: """Encapsulates Amazon Polly functions.""" def __init__(self, polly_client, s3_resource): """ :param polly_client: A Boto3 Amazon Polly client. :param s3_resource: A Boto3 Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) resource. """ self.polly_client = polly_client self.s3_resource = s3_resource self.voice_metadata = None def get_speech_synthesis_task(self, task_id): """ Gets metadata about an asynchronous speech synthesis task, such as its status. :param task_id: The ID of the task to retrieve. :return: Metadata about the task. """ try: response = self.polly_client.get_speech_synthesis_task(TaskId=task_id) task = response["SynthesisTask"] logger.info("Got synthesis task. Status is %s.", task["TaskStatus"]) except ClientError: logger.exception("Couldn't get synthesis task %s.", task_id) raise else: return task
  • API の詳細については、 GetSpeechSynthesisTask AWS SDK for Python (Boto3) API リファレンスの「」を参照してください。